漢仁帳

人材育成プロトレーナー漢仁のブログ

14期で幕を閉じる「石田塾」が最後に選んだ「黄金の滝プロジェクト」とは

皆さん!ご無沙汰してます。漢仁です。

今日はいつもの読み物とは少し毛色の違う記事を書きます。

期間限定で削除すると思いますので【号外】としてお読みください。

 

今回の記事は、私がお世話になってきたインターネットビジネスの塾が今期を最後に幕を下ろすそうで、コロナの影響とは言え残念でならないのでその気持ちを綴ります。

 

有名な塾なので皆さんも名前ぐらい聞かれたことがあるかも知れませんが、その塾は「石田塾」と言います。

 

代表者は石田健さん。

日本にインターネットビジネスが広まる頃から取り組んで来られた業界の大御所です。

 

その石田健さんとの出会いについてはワードプレスで作った私のサイトに詳細記事がありますので、是非こちらをご覧ください

           ⇩⇩⇩

www.kanjincho.com

読んで頂ければなかなかスケールのデカい塾だというのがわかって貰えると思いますが、いま世間をにぎわしている多くの業界人が石田塾出身だという事実にも驚かれることと思います。

 

 

私がパソコンなんて1年に1回しか触らないほどの超初心者だった頃に、仮想通貨や民泊に興味を持って、それとなくインターネットで色々調べていたんですね。

 

f:id:MinamotoKanjin:20200911065532j:plain

そしたら全くの偶然なんですけど、インターネットで儲けている人がいるということに気が付いたんですね。

気が付いたと言うか目に留まったって感じなんですが・・・

怪しいなぁ~何だぁ?この人たちは・・・ってのが第一印象です。

 

自分の知らない世界なのでどうやって儲けているのか分からないというのは怪しく見えるんですね。


ひょっとしたら悪いことして儲けてるかも知れないって思うじゃないですか(笑)

 

私は社員研修を通じて人材育成の仕事に25年も取り組んできたどちらかと言うと堅物と言われる人種なので「簡単に儲かります」とか、「これだけで収入が倍増します」という類の話には本当に聞く耳を持たない方なんです。

 

f:id:MinamotoKanjin:20200911070356j:plain

 

どんなことでもそうなんですが、知らない世界に飛び込むのって勇気が要りますよね。

不安が先に立つので、代わりに安心できる材料を探してしまいます。

 

twitterもfacebookもやらない、LINEも家族とだけ・・・元々アナログな人間なので新しいものは苦手だったんですね。

 

そんな私にしては随分思い切った決断をしたなぁと振り返って思うのですが、結果って後からついて来るから一生懸命取り組んでてもやってる時には分からないんですよね。

 

上手くいってるのか?本当にこれで良いのか?

 

私がそんなど素人の状態で、ブログを作ったり、twitterを始めたり、今ではLINEで数百名の人と繋がるようになったのも全部石田塾から受けた影響なんです。

 

www.kansblog.com

ちなみにこのブログの記事、かなり多くの皆様に読んで頂きました。

 

ブログ初心者の私がコツコツ教えてもらいながら育てて来たブログなのでかなり愛着があります(笑)

 

石田塾は時流に合った内容で旬のコンテンツを紹介してくれます。なので私はアドセンスも取得しましたし、アフィリエイトのサイトも構築しました。

素人にしては上出来だと自画自賛しています(笑)

 

 

 

あまり長々とお話ししても石田塾の中身は上手に伝えられないと思うので、とにかく話のネタや後学のためにも石田塾の凄さは皆さんにも知っておいてもらいたいと思います。

 

ただ、残念なことに、その石田塾が今回の募集を最後に終了されるそうです。

 

コロナ禍において大勢集まってセミナーを実施するのも、またそのセミナーのために日本全国から、はたまた海外から参加者が集まって来ると言うのも、主催者側としては開催に配慮が求められるんでしょうね。

 

苦渋の決断だったと思います。

 

是非皆さんにも石田塾の素晴らしさを知ってもらって、コロナが終息した時にはみんなで派手に宴会出来ればいいなぁと思っています。

 

石田塾14期が最後に取り組む「黄金の滝プロジェクト」について是非最新情報としてご覧ください。

 ⇩⇩

石田塾14期

黄金の滝PROJECT

 

 石田塾のことも良く分かると思います。もちろん無料です。

 

読者の皆さん!最後になりましたが、いつも私の拙い記事を読んで頂いて誠に有り難うございます。

 

今回は石田塾の紹介になりましたが、今後も皆様に有益な情報がお届け出来るように頑張りますので引き続きよろしくお願い致します。

 

最後までお読み頂き有り難うございました。

漢仁。感謝。